Review

iMacを壁掛けやアーム仕様に?!VESAカスタムメイドとは

投稿日:

みなさんこんにちは。

iMacといえばご存知の通り、Appleが販売しているデスクトップ型パソコンです。

iMacは通常スタンドで固定されている下部の画像のタイプはよく目にすると思います。

実はこちらのiMacはアップルオンラインストアで注文時に、

壁に掛けたりアーム仕様にできるようカスタマイズ注文が可能なのは

知ってる人は意外に少ないのです。

 

どんなメリットがある?

とにかくスタイリッシュ

これにつきますね。

壁掛けの場合は壁掛けテレビのように見えるため部屋のインテリアを損なわないですし、

「え、これどうなってるの?!」と思わず聞いてしまうそのフォルムは

ワンランク上なあなたを演出してくれるでしょう。

また、VESAはがっちり固定してくれるので、振動などで簡単に落ちる物ではないので

ご安心ください。

 

アームにより角度や配置をフレキシブルに変更できる

従来のスタンドでも仰角を変えたりはできますが、

横方向には角度は変えられません。

アームの種類にもよりますが、ぐるっと180°回せるタイプの物などであれば

回転スタンドのあるテレビのように向きを気軽に変えられます。

プレゼンや事業紹介の時にも格好よく演出できるかもしれません。

 

デメリットは?

通常のiMacより高い

アップルオンラインストアで確認すると、

VESA対応型は通常のスタンド型より一律で4,000円高いです。

例えば、

2.3GHzデュアルコアプロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)
256GBストレージ

こちらは通常120,800円(税別)ですが、

VESA仕様の場合は124,800円(税別)となります。

 

付属品も必要であり、かつ高い

VESA使用の場合は付属品も購入が必要です。

VESAは一般的な規格なので一般メーカーで広く流通していますが、

ご覧の通りかなり高額になります。

 

気軽に動かせない

一度場所を固定すると本体の移動が面倒になります。

特に壁掛けのタイプは壁から動かせないため、

模様替えなどよくされる方やお引っ越しの時などは大変かもしれません。

 

配置によっては電源コードなど配線周りがごちゃごちゃに見える

せっかくアーム接続していても背部の電源ケーブルなどが

汚く絡み合っていたりすると見栄えが台無しです。

以下のステーションなどを買うことで見栄えを多少すっきりさせることはできますが、

さらにお金がかかる…という悪循環です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

結論から言うとかなり玄人向けなセッティングにはなるんですが、

うまく配置すれば見た目がスタイリッシュなのは間違いありません。

iMac購入の際はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

参考:

https://www.apple.com/jp/shop/buy-mac/imac

https://www.apple.com/jp/shop/product/MWUF2J/A/vesa%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%80%E3%83%97%E3%82%BF







-Review

執筆者:

関連記事

『音楽聴き放題だけじゃない?Apple Musicの知られざる機能とは?!』

SpotifyやAmazon music、LINE musicなど、 音楽系のサブスクは群雄割拠の時代となっております。 ご存知Apple Musicもその一つですが、Apple Musicには他のサ …

『Mac使うなら必須?!Time Machineとは?』

Macを買って、早速自分なりに設定とか使いこなしてみよう!という方が多いと思われます。 しかし、どんな使い方をされるにせよ絶対にやっておかないと行けない設定があります。 それが今回紹介するTime M …

盗聴もできちゃう?!iPhoneにあるレア機能「ライブリスニング」とは?!

数え上げればキリがないほどの機能の数を誇るiPhone。 その中でも存在意義のわからないレア機能「ライブリスニング」をご存知だろうか。 普段あまり使うことのない機能ですが、知っておけば話のネタにはなる …

あえてこちらを選ぶ?AirPodsProではなく通常のAirPodsを選ぶべき7つの理由

普段の通勤通学で使う人から、音質を重視するクリエイターまで幅広くユーザーのいるAirPods。 その中でもさらに集音性や遮音性が進化したAirPodsPro。 どちらを買おうかお悩みのあなたに、Pro …

液体コーティングガラスはアリ!?ナシ!?まとめてみた

スマホに保護シールのを貼るのがもはや常識となっている昨今。 その中でも「液体保護シール」というものがあるのをご存知だろうか? 今回はそのメリットとデメリットについてまとめてみました   Co …

こんにちは GrowLevel です。
普段は企業のアドバイザーやコンサルディングを行っています。その他にも、映像制作や写真、デザイン、WEB制作、広告運用、飲食店経営などもしています。

お問合せはこちら