Review

AppleTVは何に使うもの?!主な使い方5選!

投稿日:2021年5月7日 |更新日:

スマホやパソコンなどいろいろ製品が普及する中で、

スマホはこういうものだ、パソコンはこういうものだと大体の皆さんは説明できると思います。

しかし今回紹介するAppleが販売する主力製品の一つ、「Apple TV」については

まだまだ認知度が低いものとなっております。

今回はその魅力について掘り下げていきます。

 

お値段は?

Apple TV HDモデルは32GBで税込17,800円

Apple TV 4Kモデルは32GBで税込21,800円、64GBで税込23,800円です。

4Kモデルについては2021年5月後半にリリース予定です。

4K、HDR10、DOLBY VISION(ドルビービジョン)、

DOLBY ATMOS(ドルビーアトモス)の高画質・高音質出力に対応しております。

必要なものは?

HDMIポートがついているテレビ、もしくはプロジェクター

→AppleTVはその名の通りTVと接続するため、テレビがないとお話になりません。そこまで極端に古いテレビでなければHDMIポートがあると思います。プロジェクターの場合は壁に映し出すことが可能なため、映画など臨場感あふれるものになります。

HDMIケーブル

→こちらは製品に付属していないため購入が必要です。、家電量販店やAmazonなどで、長さなどで値段はピンキリですが1~2000円程度で購入可能です。

ネット環境(Wi-Fiがオススメ)

→ネット環境がないとほぼ全ての機能が使えません。また、有線LANで接続の場合はLANケーブルも別途必要となります。

 

どんな機能がある?

メインで使う機能を5つピックアップしたいと思います。

 

ビデオストリーミング

一番のメインとなるのはこちらの機能です。

コロナ禍の影響で一般的になったAmazon primeやHulu、Netflixなどのストリーミングサービスがありますが、これらの映画や動画をテレビの大画面で見ることが可能です。

iPhoneの場合はiOSアプリ、Macの場合はMacアプリというように、

AppleTVにもTVアプリというものがあります。

TVアプリの中に上記のストリーミングサービスのアプリがあるので、

あなたが例えばもしAmazonPrimeを既に契約中なのであれば、

そのアプリをAppleTV上でインストールすればあとはリモコン操作で動画視聴ができます。

もしあなたがストリーミングサービスをどことも契約していなくても、

今までのiPhoneなどでのiTunesで映画を購入したものも視聴可能です。

そう言ったものがなくてもYoutubeが最初からアプリとして入っているので、

誰でも無料で使い始めることができます。

リモコン操作も難しくなく、一昔前のwiiリモコンのように少し触ればすぐになれてしまいます。

siriの性能に関しても申し分なく、色々なお願いを話しかけてみるのも楽しいかもしれません。

また、従来では手作業でしなければならなかったカラーバランス調整も、

iPhoneがあれば簡単にできる機能があります。

音楽ストリーミングにも対応

SpotifyやAppleMusic、Amazonmusicなどにも対応しているため、

テレビ上で音楽を流すことはもちろん、

MVをテレビの大画面で流したり歌詞を見ながら手元の作業をする、ということも可能です。

iPhone、iPadなどのミラーリングに対応

iPhoneやiPadをAppleTVと同じWi-Fiに繋げて、

「Airplay」という機能を使えば、

iPhoneやiPadの画像、動画をテレビに移すことが可能です。

仕事のプレゼンをするときなどにも広く活用され、

デバイスとAppleTVを線で繋ぐ必要もないので非常に便利です。

ゲームも充実

TVアプリにもゲームなどであり、

siriリモコンを使ったものなど多彩なものが用意されています。

プレイステーションのコントローラなどの

他社製のワイヤレスコントローラが対応しているため、

iPhoneなどではできなかった楽しみ方があるかもしれません。

iCloudとも連携

初めにApple IDを入力すれば自分の情報と完全連携。

iCloud写真をオンにすれば、AppleTV上にあなたの撮った写真や動画が表示され、

全ての写真や指定したフォルダをスライドショーにすることもできます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

類似品にAmazonが出している「Fire TV Stick 4K」というものがあります。

値段はこちらは6,980円と3倍以上も違いますが、

簡単にいうと値段を取るか性能を取るか、という形になります。

中身のチップや処理能力、Apple IDとの連携などあらゆる面でAppleTVが優れていますので、

長く使われるのであればAppleTVが個人的におすすめです。

ぜひAppleTVの魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

 

参考:https://www.apple.com/jp/tv/







-Review

執筆者:

関連記事

知らなきゃ遅れてる?!2020年で一番バズったスイーツ『Omusubi Cake』

テレビやインスタなどで紹介され、 その衝撃的な見た目からSNSで2020年一番バズったお手軽スイーツ「Omusubi Cake」を紹介します! Contents1 Omusubi Cake ってなに? …

Mac miniってどんな人が買う?その魅力に迫る!

M1チップが導入され、新しい風を巻き起こし話題に事欠かないApple。 その中でも使用者があまりいないMac mini。 Mac miniとは何か、基本的なところから応用まで余すところなく紹介! &n …

あなたはもう設定済み?「SIM PIN」

一時期テレビなどで紹介されて設定する人が増えたと言われている「SIM PIN」 セキュリティ対策としてメリットがある一方、リスクもある方法となります。 今回はSIM PINについて解説をしたいと思いま …

iPhoneユーザーならおすすめ!HomePodの9つの魅力とは?!

アレクサなど数あるBluetoothスピーカーの中でも、Appleが提供するHomePod。 HomePodminiも発売され検討している方もいると思いますので、その魅力に迫りたいと思います。 今回は …

『iPhoneが水没!やってはいけないこと8つのこと』

最近のiPhoneには全て耐水性能がありますが、 耐水性は経年劣化しますし、iPadには耐水性能がそもそもないため、液体の中に落としてしまった.. という経験をされたことがある方もいらっしゃると思いま …

こんにちは GrowLevel です。
普段は企業のアドバイザーやコンサルディングを行っています。その他にも、映像制作や写真、デザイン、WEB制作、広告運用、飲食店経営などもしています。

お問合せはこちら